美しさに感動!四季を五感で感じられる観光地

秋・冬におすすめの観光スポット

移りゆく景色を楽しむ

秋の観光と言えば紅葉が人気ですが、宮城県の温泉郷にある断崖絶壁のエリアは、深さ100m・2.5kmに渡っています。絵葉書の世界に迷い込んでしまった気持ちになりますし、展望台もあるので親子でも楽しめます。
山形県にある寺院は松尾芭蕉の俳句になったと言われている観光地があります。紅葉だけでも美しいのにバックには寺院があり、日本らしい雰囲気を醸し出しています。
北海道にあるスポットは日本有数の夜景スポットと言われていて、自然が与えてくれる景色とは違った魅力があります。建物だけでは無く海や高原など北海道を一望出来ます。
寒い時期は空気が澄んでいるので9~11月が一番美しいと言われています。それ以降になると雪が降るのでまた違った印象になります。

ノスタルジックな雰囲気を楽しむ

山形県の温泉郷は大正~昭和初期にかけて発展してきた場所で、当時のトレンドだった洋風木造多層の旅館が多く立ち並んでいます。雪が合わさる事で明治や大正時代に来た様な気持ちになりますし、シックでモダンな雰囲気の街並みをみながらのんびりしたい方におすすめです。
福島県の国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定されているエリアには。江戸時代の宿場町として栄えていた街並みがあります。雪まつりが有名で名物料理を頂きながら、街並みを眺めると日頃のストレスなんて吹き飛んでしまいます。
長野県には星が最も輝いて見える場所として注目を集めている観光スポットもあります。周り建築物や明かりが無く、空が近く感じられるのでとても幻想的です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ