美しさに感動!四季を五感で感じられる観光地

日本が観光地として人気の理由とは?

桜や藤などの植物は強い人気を誇る

別の項目でも説明した様に日本の植物は外国人から見ても、とても魅力的です。桜はもちろんですが、藤の花やネモフィラ、バラにポピーなど春に咲く植物はとてもキレイです。
栃木県にある花のテーマパークには350本以上にも藤があり、1ヶ月以上もの間満開に咲いた藤の花を楽しめます。天然記念物を見られるエリアもありその迫力には圧巻です。
茨城県にある公園には四季折々の花が植えられていて、1年を通して美しい花々を見られます。海が近いので潮風が気持ちよく、幻想的な雰囲気が注目を浴びています。
長野県には棚田と言って斜めになっている田畑があります。春になると田植えを行うので外国人には新鮮だと言われています。このスポットは夜景や名月でも人気です。

自然の美しさと厳しさを知る

福井県にある掛けは天然記念物に指定されていて、輝石安山岩が五角形や六角形の柱状の割れ目になっています。この形状は世界的にもとても珍しい物で、日本海の荒波と合わさる事で激しさや力強さを感じられます。遊覧船も出ているので、輝石安山岩を近くで見られるのも人気の理由です。
富山県の豪雪地帯では何と20m以上も雪が積もる事があり、その雪を道路になぞって除雪した時に出来る巨大な雪の壁があります。この雪の壁は完全に除雪するまでの間しか見る事が出来ないですし、雪以外何も見えないのでまるで異世界に入り込んでしまった様な感覚に襲われます。
春先ですがこのエリアはまだまだ気温が低いので、防寒対策は必須なので気をつけて下さい。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ